入院生活について

入院生活について

一日の流れ(一例)
私達リハビリテーション病院スタッフは、日常生活動作(日常私達が生活していく上で行っている動作のことで、食べる・座る・立つ・歩くなど)の向上を目的に、患者さま個別にリハビリテーションの計画書を作成し、医師・看護師およびリハビリテーションスタッフが力を合わせて集中的にリハビリテーションを行っています。
ここでは、患者様の起床から就寝までの大まかな一日の流れを紹介します。

作業療法:OT

作業療法は主に患者様の日常生活に必要な動作や、その方にとって意味のある作業を獲得し、主体的に生活できるよう共に考えサポートするリハビリテーションのスペシャリストです。
患者様の退院後の主体的な生活や社会参加の手助けをします。
患者様に合わせて、必要な機能の回復、動作方法の工夫、ご家族や社会資源などの環境への働きかけなど、幅広い視点で作業療法を展開しています。



理学療法:PT

理学療法は基本的な動作(寝返り、起き上がり、立ち上がりなど)や特に「歩く」、「階段を上る、降りる」などの動作の治療を行います。また社会生活をより良くするための福祉用具の選定や住宅改修・環境調整,在宅ケアなども行います。障害があっても、高齢になっても、いきいきと生活していくために理学療法士は健康と生活をサポートしていきます。





言語療法:ST

言語療法は言葉に関する様々な問題を抱えている人達への助言・指導・リハビリその他の支援を行う専門家です。また食べる、飲み込むなどの摂食・嚥下活動や目に見えない障害とも言われる高次機能障害に対しても治療を行ないます。






音楽療法:MT

誰でもが音楽を聴いて楽しい気分になったり、リラックスしたり、昔の事を思い出したり...そんな経験があるのではないかと思います。音楽療法ではそこから一歩進んで、患者様一人一人の情緒面・精神面・社会面・身体面・高次脳機能面などのニーズに対して、 様々な音楽的要素を積極的に活用しながら音楽鑑賞・歌唱・楽器演奏・作詞/作曲etc.などの音楽活動を通して、問題点の改善・向上を図ります。




集団プログラム

≪詳細はこちらをクリックしてください≫
<やどかり>
他者と交流をしながら、様々な活動を行ない、その中でご本人らしさを発揮したり、居心地の良い仲間作りとしての目的も果たすような集団を実施しています。内容は、ものづくり・調理・スポーツなど様々で患者様の好みに合わせて選択しています。


<お料理教室>
生活に身近であるお料理を通して、患者様の主体性や意欲、楽しみを支えることを目的に行なっております。共に入院する患者様やスタッフと、楽しく作って・食べて・笑って、日々のリハビリ・生活への活力に!


<みちしるべ>
退院後の自分らしい生活とはどのようなものか、どうすれば出来るようになるかを、一緒に考えていく会です。全6回の会で、退院後の患者様を招いて経験談を聞いたり、イメージをつけるためにお出かけをする機会もあります。


<園芸>
園芸を通して、癒しの時間にしてもらっています。また、今まで普通に行なっていた園芸を、病気をした中でも行なってもらう事で、自分史を振返る時間にしてもらっております。


<KSP>
脳の機能や脳卒中、高次脳機能など病気のことを皆で理解することで、リハビリの具体的な目標達成を目指している集団プログラムです。


<余暇ボランティア・趣味ボランティア>
机上で行えるトランプやカルタなどのゲーム、折り紙や貼り絵といった手工芸などをスタッフと一緒に行う中で、余暇や趣味活動を充実できる機会の提供を図っております。












入浴

患者様は週2回、40分の時間で入浴があります。入浴行為は出来る限り患者様自身で行ってもらい、ケアワーカーが介助にはいります。体をきれいにするだけではなく、患者様の愚痴を聞いたり、患者様にくつろいでいただけることを第一に考え、憩いの場になっています。






食事

食事時の内服はバーコードシステムを導入し、患者様と薬をとり間違えないよう、予約ミスの防止に努めています。











手浴・足浴

アロマソルトを使用し、OT前に手浴、PT前に足浴を行う事が多い。手浴・足浴によりリハビリ時の動きが良くなります。