入院から退院の流れ

入院

リハビリ開始

入院当日からリハビリを開始します。毎週、1週間のリハビリ予定表が配られます。
各患者様にあったリハビリスケジュールが組まれます。

リハビリカンファレンス

患者様の状態の把握や、リハビリの進行状況を確認し、統一した目標の設定やアプローチを行ないます。
治療の有効性・効率性の向上を図っています。

病棟カンファレンス

退院までのアプローチを全ての職種のスタッフ間で統一し、患者様・ご家族を支援する為、定期的に話し合いがもたれます。
現在の状態の把握、今後の改善に必要な日数を見越した退院時期等を検討し、支援を行なう予定をたてます。

病状説明

現在の状態、及び予測される退院時期や退院時の状態等をご説明します。
患者様・ご家族とスタッフ間で、状態や今後の予測に対し共通理解を持ち、統一した目標を設定していきます。

目標設定ミーティング

目的・目標を明確に認識し、関わる全ての人々(患者様・ご家族・リハビリスタッフ)が、目標を達成する為の話し合いを行ないます。
話し合いを持ち、より効率的、そして、より効果的なリハビリとなることを目指しています。
リハビリ開始
リハビリカンファレンス
病棟カンファレンス
病状説明
介護保険申請
目標設定ミーティング
家族会「ゆうあい」
装具作成
介助指導
介護体験
家屋評価
外泊
ケアマネカンファレンス
服薬指導
栄養指導
退院

家族会「ゆうあい」

毎月第4土曜日に、ご家族主体の家族会が催されます。
司会はご家族が担い、ご家族同士でそれぞれの悩みや気持ちを語り合う場にもなっているようです。

介助指導

ご退院後に必要な知識や、トイレや歩行の介助技術等を、看護師やリハビリスタッフからご説明します。必要な場合は、何度も実践練習を一緒に行ないます。

介護体験(宿泊)

退院後の生活を具体的にイメージできるよう、実際に介護されるご家族に病院に長時間滞在していただき、患者様の状態や介護の方法などを体験していただきます。

家屋評価

ご家族にご自宅の写真や間取り図をお持ち頂き、患者様のお身体の状態に合った住宅改修方法や、自宅内で生活しやすい動作方法をご提案します。
必要に応じてご自宅にリハビリスタッフが訪問し、具体的な改修方法等を検討することもあります。

外泊

退院前、試験外泊を行ない、退院後問題無く生活がおくることができるか確認をします。必要であれば、複数回実施することもあります。

ケアマネカンファレンス

退院後の生活を円滑に行なえるよう、ケアマネージャーに来院して頂き、話し合いを行ないます。現在の状態を確認した上で、退院後必要となる介護保険や医療保険のサービス調整を、プランニングしていきます。

服薬指導

薬剤師から薬効や副作用および安全で確実な服薬の方法を説明します。
退院後見据えて入院中から自室で自分の薬を管理して頂きながら練習することもあります。

栄養指導

退院後の食生活で気をつけていただくことを栄養士から患者様とご家族に具体的に説明します。